「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々更新。そして2012年初の関東公演、迫る!

お久しぶり、なんて挨拶すら間抜けに思えるくらい本当に久しぶりの更新です。
前回のアップが……え~っと、うわ、去年の11月18日!
しかもそれ、8月のイベントを振り返っての記事だったという。
酷いもんですな。
さぼるにもほどがある。
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部長、失格。
あかんわ、まじで。

約7ヵ月も更新が途絶えたということはどういうことかというとですね。
ライブ活動をしばらく休んで新曲作りに専念すべく山籠りすると宣言したバンドが、複数の新曲を作り終えて、下山してライブ活動を順調に再開する、つまりそれくらいの時間が経ったということなわけですね。

僕のなかではあれですよ、去年の暮れに大阪までザ・たこさんのワンマン観に行ったことがそんなに前のことのようには思えてなかったりしてるんで。
なに寝ぼけてんだと言われそうだけど、そこからもう半年が経ってるなんてビックリなわけですよ。
けど、確かに半年経ってるんですよね。
ザ・たこさん、既に新曲数曲を混ぜたライブを順調にこなして動いてるわけですから。

その間にホームページもリニューアルされたし。

なんと新曲「バリバラ~愛のテーマ~」がEテレ『バリバラ』の主題歌になって全国に流れたりしたし。

その曲ともう1曲の新曲「Roll Your Neck」がアマゾンiTunesで配信されたりもしたし。

ドラムの吉永さんが40歳になったことで4人のうち3人までがOVER40のバンドになったりもしたし。

動いてるわけです、ザ・たこさんは。
生きてるわけです、ザ・たこさんは。

その動きを黙って見てるだけじゃあかんやろ、私設応援団下北沢支部長さんよぉ。
仕事がどうのとかって言い訳してんじゃねーぞ、オラ!
と、ワタクシ、自分に腹を立て。
こうして久しぶりにペンを……もとい、こうして久しぶりにブログを更新することにしたわけです。

だって、新曲たくさんできてさらにパワーアップしてるはずなのですからね、ザ・たこさんは。
濃さがグッと増してるはずなんですから。
そして、ずいぶん久しぶり(で、今年初!)の東京公演及び埼玉公演が間近に迫ってきてるんですから。

指くわえてポカーンと待ってるだけじゃあかんやろ。
たいしたことは何も出来ぬが、このブログを続けることくらいはできるやろ。
そう思い直した次第。

というわけで、ここで改めて関東のたこ好きに、間近に迫ったライブ情報を。

まずはこれ。

6/30 音楽喫茶MOJO (埼玉・所沢)
『ぷいもぴあーのナイト VOL.1
「武蔵パパ、44歳の初夏だから」 』
■会場: 音楽喫茶MOJO (埼玉・所沢)
■日時: 6月30日(土) OPEN 18:30 / START 19:30
■出演: ザ・たこさん / quartet Nico / Mary(BLUE TRIKE) / 9degrow / The Woodstocks
■チケット: 予約¥3,000 / 当日¥3,500 (食事付き、ドリンク別)

音楽喫茶MOJO
会場へのアクセス
埼玉県所沢市東住吉7-9 T.ingビル201
TEL 04-2923-3323

そしてこれ。

7/1 紅布 red cloth (東京・新宿)
『たむぽぽ企画~15のままさ~』
■会場: 紅布 red cloth (東京・新宿)
■日時: 7月1日(日) OPEN 18:00 / START 18:30
■出演: ザ・たこさん / ザ・チャンバーズ / ゴールデンローファーズ / アントニオバンドレス・サウンドシステム(バンドレス堀川卓ソロ)
     司会&DJ: たむぽぽ15歳
■チケット: 前売¥2,000 / 当日¥2,500 (ドリンク別)

紅布 red cloth
会場へのアクセス
TEL 03-3202-5320


この2日間で新曲もたっぷり披露してくれるはずですからね。
そりゃあもう楽しみでしょうがない。

既にYouTubeとかに何曲かあがってるので僕も先にそれで聴いたけど。
ナマで聴いたらこりゃ昂るんだろな、っていう曲のあり方から、今のバンドの攻めの姿勢がありありと見える。

これとか。

これとか。

どうよ。もう。

いや、それにしても大好きなバンドの新曲を聴く瞬間ってのは昂るものですなぁ。
昔、RCサクセションのライブに通ってて新曲が披露されたときとかの、あの興奮のありようを思い出したりもしちゃったよ。

6月30日まであと1週間ちょい。
ばばしょーへいへい! って歌いながら待ってるよおれは。

みなさま、所沢と新宿でお会いしましょう!


ザ・たこさん東京初上陸+012_convert_20120620173246




  1. 2012/06/20(水) 17:28:31|
  2. たこさんにゅーす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年5月20日、新生ザ・たこさん東京初上陸。

5月20日(金)、21日(土)。
ザ・たこさんが東京に来てくれた。

昨年11月28日の代官山LOOP公演以来なので、実に半年振り。
関東の“たこ好き”は、このときを首を長くして待っていたものだ。

昨年11月28日の代官山LOOP公演。
それは、ベース・脇本総一郎(仮名)の関東ラスト・ステージだった。
脇本総一郎(仮名)は2010年いっぱいの活動をもってバンドを脱退。
それに関しての彼とバンドの思いはポッドキャスト「ザ・たこさんのとびっきりナイト」4回目でしっかり語っていただいた。

脇本総一郎(仮名)の脱退が決まって、バンドは新ベーシストの募集をかけた。
応募はそれなりに多かったようで、なかには名のある“どプロ”のテクありベーシストからの応募もあったそうだ。
が、決定には時間を要した。
遂に決定したのは2010年がまもなく終わろうとしていた12月だった(ウェブで正式発表されたのは年明け早々)。

ザ・たこさん、新ベーシスト。
苗字は岡内。
1984年11月7日生まれの26歳!
身長・189センチのノッポくん。

「自分の名前で勝負出来ない奴は死ね」。
と、これまでは芸名でバンド活動することを強く否定し、かつてのバンドでは当然のようにメンバー全員本名を名乗って動いてきたという岡内くん。
だがしかし、ウェブサイトでの発表と同時に、その名は「オカウチポテト」に。
本人も知らぬ間に安藤さんの命名でそう発表されたのだった。
(言うなれば、たけし軍団システム)

これまでさまざまな音楽性のバンドで活動し、最終的には売れ線J-ポップ・バンドで弾いていた岡内くん。
ブルハのひとりコピーで音楽キャリアをスタートさせたという彼はどちらかといえばロックよりのベースを弾いてきたわけだが、バンドはそんな彼に“ソウル注入”。
地獄の短期特訓を経て、2月5日には早くも難波ロックライダーにて正式デビュー戦。
そこから“オカウチポテト・炎の7番勝負”と題されたライヴシリーズがポポポポ~ンと行なわれ、現場で鍛えた3ヵ月。
そしていよいよ東京デビューとあいなったのだ。

というわけで、5月20日・金曜日。
まずは夕方、新生ザ・たこさんの初取材を。
西郷山公園にて4人揃っての初撮影も慣行。
題して「崖の上のたこ」(笑)

で、場所を移してインタビュー。
当初はポッドキャスト「ザ・たこさんのとびっきりナイト」で存分に語ってもらおうと思っていたのだが、今回は久々に文字で伝えたい&残しておきたいという思いもありまして。
こちら、6月に音楽ウェブサイト「Musicshelf」での掲載となります。
インタビューのテーマは「ようこそオカウチポテトくん~新生ザ・たこさんのこれから」。
まずはオカウチポテトくんのこれまでの音楽&人生経歴などをざっくり訊いたのだが、これがまあ面白い!!

まだ26歳にして、相当の波乱万丈っぷり。
人生、山あり谷あり。
山も見たけど、その何倍も谷を見てきた男。
見てきた谷の分だけ、ザ・たこさんに賭ける思いは強く。
クールなようで、気持ちは熱い。
好青年のようで、どっかヘン。
いやホント、かなり豊富なオモロ・エピソードの持ち主でしてね。
そんな彼がどんな思いでザ・たこさんに入ったのか。
バンドはどんな思いで彼を迎えたのか。
もうここで書きたいくらいなんだが、グッとこらえて、繰り返すが掲載は音楽ウェブサイト「Musicshelf」で6月に。
乞うご期待。

で。
この夜行なわれた、新生ザ・たこさんの東京初ライヴはといえば…。
いや~、よかった、熱かった。
半年間待った関東の“たこ好き”の熱気もそこに溢れていた。

どうよかったかというと…。
ごめんちゃい。長くなってきたので、続きは明日か明後日にでもアップしますわ~。

ザ・たこさん東京初上陸 058
新ベース・オカウチポテト、終演後の「ダブル・ピース!!」


  1. 2011/05/23(月) 11:30:57|
  2. たこさんにゅーす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新生ザ・たこさん、初の東京公演迫る!

新ベーシスト、オカウチポテトくん。
彼が加入してから初となるザ・たこさんの東京公演が間近に迫ってまいりました。

20日(金曜) @代官山LOOP
競演はズクナシ。OAはthe star spangled burner。
19時開演。

21日(土曜) @国立・地球屋
競演はrainman。
20時開演。

詳細はこちら。

関東のたこ好きにとっては、ようやくナマで体感することのできる新生ザ・たこさん。
ポテトくんのベースによってザ・たこさんの音のうねりはどう変わったのか。
どこが変わってどこが変わらないのか。
絵的にはどうなのか。
そのあたり、この目と耳で確かめにいこうじゃないですか、お客さん!

んで。
ワタシ、久々にがっつりとインタビューもしてまいりますよ。
オカウチポテトくんとはいかなるキャラの持ち主なのか。
彼の加入によってバンドはどのように転がっていくのか。
そのあたり、4人に(ポッドキャストよりはややマジ・トーンで)訊いてみたいと思っとります。

それではみなさん、
代官山と国立でお会いしましょう!


安藤さん

山口さん
(写真は3月・大阪にて)

  1. 2011/05/17(火) 13:36:16|
  2. たこさんにゅーす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年。新生ザ・たこさん、始動。

始まっとります。
2011年。

動いとります。
ザ・たこさん。

新ベーシストが加入しての初ライヴは、2月5日だそうです。

新ベーシスト。
その名はオカウチ・ポテトくん。

ブログを読ませていただいたんですが、これは相当の情熱を持った若者のようで。
オモロイやないの。
ザ・たこさん岡内の【風雲地獄絵巻】

今度東京に来たときにゃ、あれこれ掘り下げてみたいですな。

彼のベースによってバンドの音はどう変化するのか。
どんな化学反応が起きるのか。
ひっじょーに楽しみ。
期待しとります。

いやホント、今年のザ・たこさんは大きく動きそうな予感がしますね。
追っていきますよ、このブログでも。
ザ・たこさんが武道館のステージに立つ、その日まで。

  1. 2011/01/06(木) 10:27:14|
  2. たこさんにゅーす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ザ・たこさんのとびっきりナイト」4回目がアップされました。

お待たせしました!
ポッドキャスト&ネットラジオ、「ザ・たこさんのとびっきりナイト」。
ちょっと間があきましたが、その4回目がウェブサイトの
Musicshelfにアップされました。

今回はメンバー4人全員揃っての特別編。
今月をもってバンドを脱退したベース・脇本総一郎(仮名)氏をフィーチャーして、パート1~パート3では彼の脱退の真相に迫ると同時に、在籍期間を振り返っての思い出話を。
なぜ彼の名前には(仮名)と付けられていたのか……といったことも今回遂に明らかに!

そしてパート4では、ライヴで大好評の新曲「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」の誕生秘話や、夏以降のライヴのエピソードを。
パート5では、安藤さんがよくツイートしている「アレをシュシュ」をめぐってのあれこれを。
パート6では、安藤さんが出演している映画『デストロイ・ヴィシャス』の話を。
パート7では、脇本さんの今後の抱負とザ・たこさんの来年の抱負をそれぞれから語ってもらってます。

いつもの通り、“あの頃”の深夜のAM放送ノリ。
笑えて、そして元気になる。

お聴きください。

2010_1128_162922-P1050712_convert_20101229223055.jpg
↑収録後にパチリ。

  1. 2010/12/29(水) 22:36:15|
  2. たこさんにゅーす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。