「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザ・たこさんとの出会い。その4

もう聴かれましたか?
先週発売になった、ザ・たこさん、3年ぶりのニュー・アルバム『ベターソングス』。

ベターソングスベターソングス
(2009/07/08)
ザ・たこさん

商品詳細を見る


僕のまわりじゃ大評判!
「めっちゃ、ええ」という声が多数寄せられてますよ。
どこにって、僕の耳に。
いや、でも、そう言ってるのはみな確かな耳を持った人たちばかりゆえ。
拘りのある男(&女)ばかりゆえ。
「でしょ?!」なんつってニヤニヤしながら喜んでるところです。

でも、まだまだ。
もっともっと世の中に広めたい。
ゴリ押さな。
ゴリ押すよ。
“驚きと喜びを”たくさんの人にあげたいから。

*******************************************

はい。
ここからは「ザ・たこさんとの出会い。」の記事の続きです。

フジロック・2004年。
それはルースターズのラスト・ライヴと清志郎の圧巻のライヴを観た年であると同時に、ザ・たこさんというバンドに出会ってしまった、僕の中では忘れられない年となった。

と、前回書いた。が。
実はそのとき、苗場食堂のステージでたまたま観たそのバンドがなんていう名前なのか、僕は知らなかったのだ。
バンド名を知らずに興奮して観ていたのだ。

それで苗場から帰宅した月曜日、僕はPCでいろんな人たちのフジロックの感想を片っぱしから読んだあと、あるBBSに思いきってこう書いた。
「2日目の深夜に苗場食堂でライヴをやっていたファンク系のバンドの名前を知りたいので、わかる方がいたら教えてください」。

しばらくして見たら、そこにレスが届いていた。
「ザ・たこさんという関西のバンドですね」。

そうなのだ。
それで初めて僕は、ザ・たこさんというバンド名を認識したのだ。
あのときレスをしてくださった方、どなたか存じ上げませぬが、ありがとうございました。
僕はその日…2004年の8月2日・月曜日…に、ザ・たこさんがザ・たこさんであることを知ったのです。

以上、これが僕にとっての「ザ・たこさんとの出会い」だ。
(とはいえ次にザ・たこさんのライヴを観るのは、そこからまたしばらく時間が経過した2006年5月になるわけだが……それについてはまたいつか)

フジロックには、いろんな出会いがある。
フジロックには、こういう出会いもある。
フジロック。僕は伝説になった嵐の1年目のみ行ってないのだが、2年目からは全部行っている。
今のところ、その中での最大級の嬉しい出会いが、この2004年のザ・たこさんであったと思っている。

今年のフジロック初日まであと11日。
「出会ってしまった」2004年、そして2006年に続き、初日・24日の夜、またあの場所……苗場食堂にザ・たこさんが帰ってくる。
この夏、たくさんの人にザ・たこさんと「出会って」ほしい。
そして驚いてほしい。
そう思う。

スポンサーサイト
  1. 2009/07/13(月) 00:47:07|
  2. たこさんとぼく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インタビュー掲載のお知らせ。 | ホーム | ニュー・アルバム『ベターソングス』、本日発売!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takosoup.blog72.fc2.com/tb.php/9-671bc642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。