「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「夏ノ陣! 騒音寺2DAYS」@下北沢CLUB Que

P1240594_convert_20140718210430.jpg

7月13日(日)

週末のザ・たこさん2days。

この日はまず昼間に下北駅近くの某カフェに集まってもらい、「無限大記念日2」のインタビューを行なった。
いつもぼくと組んでザ・たこさんを応援し続けている音楽情報サイトのMUSIC SHELFで、8月に公開予定。乞うご期待。

そして夜は下北沢CLUB Queで、騒音寺とザ・たこさんの2マン・ライブ。

ザ・たこさんは先攻。
「俺達のサマーアクション・シリーズ、パート1」下北編だ。
この日のセトリは以下の通り。

ネギ畑~ラブアタック~ロクシマ~稲妻~テーマ~40肩~上沼~ヤンタン~猪木~ヤンタン~大スポ~ナイスミドル~女風呂(マントショー)~鯖PT2。以上、生聞63分!

前日の所沢MOJOから大幅に変えたセットリスト。
MOJOがややツウ好みのものだったとするなら、こっちは王道的と言っていいものだろう。

この日は騒音寺の2daysにザ・たこさんが呼ばれた形であり、従って騒音寺のファンが大半ではあったのだが。
序盤に「稲妻」こと「ジ・オールドマン・アップ・ザ・ロード」が飛び出して勢いがつき。「40肩」こと「(Do The)Funky 40 Shoulder」もあって熱気が増し。そして「KAMINUMA」あたりであちこちで笑いが起こり。
初めのうちは傍観していた観客が笑いながら徐々に引き込まれ、どんどんノリノリになっていくその様子の変化が見ていてなかなか気持ちよかった。
「どや! これがザ・たこさんだ!」と言いたくなったぐらい。
そして名バラード「猪木はそう言うけれど」もやってくれたのだが、実はこれ、騒音寺のヴォーカル、なべさんのリクエストだったそうな。
それから前日に続いて「大スポ・パワー」でムッシュムラムラ。「ナイスミドル」を挿み、「女風呂」でマントショー。
マントショーでは安藤さんとキチューくん、いつのまにか客席の後方にスタンバり、そこからフロアを歩いてステージへ。やんややんやの大盛り上がりで幕を閉じたのだった。

安藤さんのパフォーマンスはといえば、前日のMOJOに続いて、この日もまたキレッキレ。
昼の取材に安藤さんは体調がすぐれないとかなり遅れてきたこともあり、喉がだいぶ疲れているんじゃないか、疲労がたまっているんじゃないかと心配もしたのだが、それは杞憂で、前日に続いて実に迫力あるヴォーカルを聴かせ、そしてずいぶん軽快に動いて見せた。
最近のお気に入り、「フォーっ!」もあり。新しい珍奇な動きもいろいろあり。さすが、本番に強い男。

また、一緒に観ていた友人も言っていたことだが、安藤さんの動きには一秒たりとも無駄がなく、それこそ水の飲み方ひとつにしたって見られていることを意識したもの。改めてこの日感じたことだが、あの集中力は本当に凄い。

前日に続いて山口さんのギターもまたキレッキレだったし、吉永さんのドラムは実に安定感があり、オカウチくんのベースは以前よりも太く唸ってタコファンクの支えになっている。
ああ、バンドだなぁ、バンドの音をいまオレは全身に浴びているのだなぁと、そんな気持ちにさえなった。

そして休憩挿んで、後攻は騒音寺。
対バンするのはずいぶん久しぶりだったようだが(実に10年ぶりだったとか)、以前はけっこう頻繁に対バンしてた時代があったそうで、だからかヴォーカルのナベさんはMCで何度も何度もザ・たこさんへの思いとか、安藤さんのエピソード(酔っぱらった安藤さんから電話がかかってきて、留守電にしてたらず~っと中村雅俊の「ただお前がいい」を歌い続けていた、とか)を話していた。
そこには長いキャリアを持ち、いろいろあってもやめずにバンドを続けてきた者同士だからこその互いに対する敬意とか独特の愛情が見て取れて、まさに「た~だ~、お前がいい~」な感覚が呼び起されもしたのだった。ええねぇ、バンドって。

そんなこともあって嬉しかったのだろう。客席の真ん中で、ほかのお客さん以上に大きな声だして盛り上がっていたのは、誰あろう山口しんじ。
そしてアンコールでは山口さんと安藤さん、騒音寺なべさんに呼びこまれて再びステージへ。で、そのままセッション。
水を得た魚のようにロックンロールをぎゅんぎゅん弾きまくる山口しんじが最高にかっこいい! 普段の自分のステージ以上に熱く、激しく、思う存分弾きまくっていた。ああいう山口さんのプレイを観れるのは珍しい。ラッキー。
一方、シャウトしまくる安藤さんも実に嬉しそう。

そんなこんなでロックンロールの神様とファンクの神様が下北の地下まで降りてきて微笑んだような、そんな熱い日曜日。
前日の所沢MOJOとこの日の下北Que。やっぱり両方観といてよかったし、これだからザ・たこさんのライブは見逃せないと、強くそう思いましたよ、本当に。

P1240484_convert_20140718205818.jpg

P1240491_convert_20140718205916.jpg

P1240501_convert_20140718205946.jpg

P1240506_convert_20140718210021.jpg

P1240535_convert_20140718210056.jpg

P1240539_convert_20140718210144.jpg

P1240543_convert_20140718210222.jpg

P1240546_convert_20140718210253.jpg

P1240577_convert_20140718210348.jpg

P1240597_convert_20140718210505.jpg

P1240614_convert_20140718210613.jpg

P1240615_convert_20140718210647.jpg

P1240575_convert_20140718210322.jpg

*****************************

ザ・たこさんの無限大記念日2

9月6日開催!!!
チケット、絶賛発売中。前売り特別価格3100円。しかもなんとCD付き!(限定300枚)
みんなで買おう。そして、みんなで観に行こう。

で、大阪まで行けないという方は、8月24日(日)に渋谷LOOP ANNEXでもライブがあるので、そちらにぜひ。
対バン相手は、「水中、それは苦しい」です。


スポンサーサイト
  1. 2014/07/18(金) 20:38:02|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「水中、それはたこさん」@渋谷・LOOP annex | ホーム | 「塚本功&ハッチハッチェル 対 ザ・たこさん」@所沢MOJO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takosoup.blog72.fc2.com/tb.php/86-db8d7238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。