「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「魂列車vol.3 ~夜のストレンジャーズvsザ・たこさん」@新宿紅布

2013_0817_201110-DSC00189_convert_20130820001309.jpg

8月17日(土)

夜のストレンジャーズ責任企画「魂列車vol.3~夜のストレンジャーズvsザ・たこさん」@新宿紅布。

昼間、歌舞伎町にある喫茶会議室にて、ザ・たこさんの安藤さん・山口さんと共に某電波番組を収録。
詳細は追って。
お楽しみに!

収録後、しばらく時間をつぶしてから会場へ。
夜ストとザ・たこさんの2マンだ。

夜ストとザ・たこさんと言えば、僕にとってはある意味ザ・フーとストーンズが対バンするようなもの。
男が惚れる2大ライブバンドであって、そりゃもう楽しみな企画だったのだ。
ということで、まずはこの日限りの記念Tシャツを購入。

先攻は、ザ・たこさん。

セトリは以下の通り。
上沼〜ラブアタック〜ロクシマ〜40肩〜テーマ〜バラ色〜漂流記〜ヤンタン〜首回転〜ヤンタン〜G馬場〜愛の讃歌〜女風呂(マントショー)〜鯖PT-2、以上、生聞60分。

本編開始が久々の「40肩」こと「(Do The)Funky 40 Sholder」だったのにも“おおっ”となったが、そのあとのテーマに続いて演奏されたのが「バラ色の世界」で、さらにそこから「漂流記」へと続いたところでもう僕の気持ちは昂りまくり。
後半では「愛の讃歌」も歌われたし。
かようにこの日は“歌もの”が中心で、笑い成分混じりのファンク曲はやや抑え目だったのである。

この前のフジロックは初見の客が多く、場の雰囲気もあってナイスミドルもテンガも女風呂もどっかんどっかん受けまくっていたものだったが。
今回の紅布は比較的常連さんが多く集まっていたようだし、バラ色~漂流記といった歌ものが続いたこともあってか、大騒ぎして観るというよりは聴き入るといった感じ。

いやもちろん「G馬場」こと「BLUE MOUNTAIN BLUES」の前の馬場口上や、「首回転」こと「Roll Your Neck」、「突撃!となりの女風呂」などでは「待ったました!」といった温度の上昇感があったものだけど。
全体的には、最近のなかではわりと「聴かせる」構成であったのだった。

繰り返すけど、僕はといえば名曲「漂流記」を久々に聴けたことだけでもかなり満足。
グッとくるんよねぇ、あの曲は。

後攻は夜スト。
始まりから終わりに向けて徐々に温度が上がっていくような構成で、特に「泥の川」や「サムクックで踊ろう」や「ブギ大臣」、アンコールでの「ヤング&ヒッピー」、さらに「俺が便所に行ってる間に俺のビール飲んだのどいつだ」といった代表曲の熱さと盛り上がりといったらなかった。
また現在制作中のニューアルバムに収録される新曲がどれもよく、僕的にはとりわけ「ホームタウンボーイ」の次に歌われた夏っぽいロマンチックな曲がグッときた。
ウィルコ・ジョンソンの話に触れてからの、歌詞にもウィルコが出てくるロック曲もまたよかったな。
ニューアルバムの完成がいまから楽しみでしょうがないです。

因みにこちらが『ホームタウンボーイ』を出したときに僕がやらせていただいたミウラさんの超ロング・インタビュー。
ミュージックシェルフ「夜のストレンジャーズ」
じっくり読んでくだされ。

**********************************************

さて、ザ・たこさんの次回のライブはといえば、そうです、結成20周年記念イベント「ザ・たこさんの無限大記念日」です。
出演は田中星児、オーサカ=モノレール、マキタスポーツ、チャラン・ポ・ランタン、ギターパンダ、モアリズム、BLITS AND SQUASH BRASS BAND、USE、そしてザ・たこさん。
9月28日(土曜日)、場所は兵庫県三田市の三田アスレチック。

これはもうね、あとあと伝説になるようなイベントになるのは間違いないからね。
兵庫県かぁ、遠いな、と迷ってる人もいるだろうけど、思いきって行くべきです。
フジロック級の、いや、例えるなら勝手にウッドストック級の楽しさはまず間違いなく味わえると思うので。
詳細はこちらを。

そして、その翌週、10月2日には、なんと渋谷クアトロでのライブも決定しました。
DJで渡辺祐さん、そしてオーサカ=モノレールも出演するほか、さらにスペシャルなギタリストがふたり駆けつけたりもするようです。
クアトロで、ザ・たこさん。
僕はこの日が来るのを待ってましたよ。
こういうアクセスしやすい場所でのライブが次のステップを踏むための大きな足がかりになるからね。

このふたつのライブの前には、そう、ニューアルバム『タコスペース』もリリースされます。
発売は9月4日。
前作『ベターソングス』に続いて、ライナー、書かせていただきました。

結成20周年。
何やら大きな波が来ている気がするザ・たこさんです。

タコスペース

2013_0817_192120-DSC00139_convert_20130820001123.jpg

2013_0817_192204-DSC00147_convert_20130820001156.jpg

2013_0817_192316-DSC00153_convert_20130820001232.jpg

●おまけ。
ザ・たこさん@苗場食堂2013~女風呂(マントショー) 熱狂のエンディング映像。
この興奮を味わいたければ、9月28日の「無限大記念日」へGO~!



スポンサーサイト
  1. 2013/08/19(月) 21:14:01|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4年ぶりの新作『タコスペース』、絶賛発売中ですぜ。 | ホーム | フジロック2013。キング・オブ・苗場食堂、帰還!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takosoup.blog72.fc2.com/tb.php/73-93a35db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。