「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SOUL BOOK 2013

7月14日(日)

吉祥寺club SEATAで「SOUL BOOK 2013」。

我らがザ・たこさんも出演するというので、ズクナシpresentsによるソウル・イベント「SOUL BOOK」に行ってきた。

イベント・スタートは20時からだったが、まずはザ・たこさんの4人と待ち合わせ、新作『タコスペース』に関しての取材を会場近くのバーにて。

実に4年ぶりのこの新作『タコスペース』。
言うまでもないが素晴らしい出来映えですぜ。
聴きどころについて今すぐいろいろ書きたいところだが、それはまた別の機会に。
とりあえず今作は全編に亘って山口さんのギターがえらくいいとだけ書いておく。

9月のたこフェス(20周年記念として兵庫県三田で行なわれる野外イベント“無限大記念日”)のことなども含めて2時間話を聞いたあと、会場へ。

大盛況の「SOUL BOOK 2013」。
扉をあけてなかに入った途端、熱気がムン!
こんなに大賑わいのクラブ・イベントも久しぶり…というかそもそもこういう場でオールで盛り上がるなんてこと自体がえらく久々だ。

ズクナシをバックに歌う大西ユカリ姉さんから観た。
いやもう、さすがに達者というかなんというか、声の出の大きさ・歌唱っぷり・話術と、あらゆる面で格が違う。
途中ゲストにカルメラを交えたりしつつ、聴かせて笑わせての約50分。
昔大好きだった欧陽菲菲のあの曲(好きだったくせにタイトル忘却)もよかったが、それにも増して最後に歌われた夕焼け楽団の「That Lucky Old Sun」がやたら沁みた。
ズクナシの演奏と歌との相性もバッチリコンでした。

続いて新作が出来たばかりのズクナシ。
ちょい久々に観たけど、腕あげてたなぁ。
そりゃもうとてつもない量のツアーをこなしているバンドだから当然かもしれんが。
ライブというものに対する心意気がズバーンと伝わってきた。

途中、光風&GREEN MASSIVEのメンバーを迎えたりしつつ新作曲と代表曲をタップリ聴かせ、
最後にゃ大西ユカリさん、モミーさん、T字路sのタエコさん、コロリダスのメンバー、それにザ・たこさんから安藤さん山口さんらを迎えて「酒と泪と男と女」を。
この歌リレーで最後にマイクを持った安藤さんは、弱った男が涙しながら酒呑む感じを、タメた歌唱で見事表現。
期待を裏切らないもってき方。

ズクナシのあと、ライブは光風&GREEN MASSIVE、コロリダスと続き、
ザ・たこさんの出番となったのは、真夜中の真ん中もすぎた午前4時近く。

しかしひとしきり酔って疲れて眠くなり始めてた客をもう一度フロア前方に引き寄せる力を持った迫真のパフォーマンス。
新作の1曲目「KAMINUMA」で始まった以外はたこ好きにはお馴染みの曲が並んだ鉄板セットリストであったが、めちゃくちゃよかったぞ。
こういう、誰もがザ・たこさんを知っているわけでもないようなイベントに強いね、彼らは。かっさらうね。
そしてぼくはといえば、初めて観たっぽい人がどんどん引き込まれて盛り上がり、終わってから「サイコーだったね~」とか友達と言ってるその様子を見るのが大好きだったりする。嬉しくなる。

因みにセトリはこちら。
上沼〜ラブアタック〜ロクシマ〜ケンタッキー〜テーマ〜ナイスミドル〜ヤンタン〜(Make it)FUNKY TENGA〜女風呂(マントショー)〜鯖PT-2。以上、生聞45分!

所謂“歌もの”はやらず、ファンクで攻め立てる構成ですな。

まずはあれですよ、MC及びマントショーで久々にジェシー・モミー登場ってのがよかったです。
マントのかけ方・引き取り方、そのタイミングをバッチリ心得ているから観てて安心できるのよね、モミーさんは。

それからこの日は、もうひとり。
なかなかええ仕事をしたお方がおりまして。
いや、結果的にええ仕事になったけど、それは所謂ハプニングというやつで。
「ナイスミドル」が始まってちょっとした頃に、突然フロアからステージにあがって安藤さんにからみだして女性がおったのだ。
観る人によってはそういう段取りだったんじゃないかと感違いしてしまうぐらい自然にあがり、曲にあわせてうっふんポーズをとったりもしてたその“ダッダ~ン・ボヨヨン・ネエチャン”(©安藤。ラオックスぅ~)。
まぁちょっとしたハラハラ感もあったわけだが、しかしこういうハプニングに強いのが安藤さんで、その爆乳をムンズと鷲掴み。
そのときの客たちのまぁ沸いたこと。
終演後、安藤さんは言うのだった。
「(ライブエイドにおける)ティナ・ターナーに対抗するミック・ジャガーの心境だった」と。

とまあ、そんな場面もあって、盛り上がりに盛り上がった真夜中のザ・たこさん、45分。

山口しんじのギターの弾きっぷりがまた際立ってかっこよくてねぇ。
山さん、ここにきてまたギタリストとして無限大の進化を遂げてるおるな…とも感じた時間でありました。

さあ、次はいよいよ4度目のフジロックですよ、みなさん。
3日目の苗場食堂で、出演は22時40分から。

苗場食堂でお会いしましょう!


13年5月TO+120_convert_20130715230058

13年5月TO+134_convert_20130715230135

13年5月TO+208_convert_20130715230405

13年5月TO+165_convert_20130715230231

13年5月TO+176_convert_20130715230259

13年5月TO+194_convert_20130715230331

13年5月TO+251_convert_20130715230550

13年5月TO+225_convert_20130715230431

スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 23:11:58|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フジロック2013。キング・オブ・苗場食堂、帰還! | ホーム | 元祖!ザ・タコサンアワー ~突撃!となりの女風呂ツアー東京編~@国立・地球屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takosoup.blog72.fc2.com/tb.php/71-4df59737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。