「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」12インチ、絶賛発売中!

2013年。
近頃非常に“動いてる感”のあるザ・たこさんです。
なんたって結成20周年。
まわりがほっとかない。

まず6月1日に、遂に発売になりましたよ。
ザ・たこさん、初の12インチシングル「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」。

たこさん+002_convert_20130611113339

A面が表題曲「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」。
いまやライブの定番曲で、通常でも10数分、前煽りが長かったりマントショーが加わったりで長いときには20分以上に及ぶこの曲を、最初に聴いたのはいつでしたかね。
まだ脇本総一郎(仮名)くんがベースを弾いていた頃。
確か2010年くらいだったか……と思ってザ・たこさんオフィシャルサイトの「ヒストリー」で確認したところ、
やはり「2010年8月。新曲、湯けむりファンク『突撃!となりの女風呂(On A Blow)』を在日ファンクとの2マンライブで初披露!心斎橋JANUSにて。」とある。
ってことは東京での初披露はそのちょっとあと。僕が初めて聴いたのは、そうだ、「稲妻フェス」でした。

いまでは懐かしいポッドキャスト&ネットラジオ「ザ・たこさんのとびっきりナイト」の第4回でも、できたてのこの曲について話してもらったりしましたしね。

それにしても初めてこれをライブで聴いたときは、そりゃあもう衝撃でしたよ。
で、この曲、そこからどんどん変化&進化を遂げてった。
テンポ感も少し変わったし、何よりどんどん尺が長くなってった。
特に曲前部分。
「オ・レ・ワ・オ・ト・コ………ダーーーーー!」が加わったのはけっこう経ってからでしたもんね、確か。

まぁファンクってのはそうやってどんどん形を変えながら膨らんでいくものですから。
言わば2013年版「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」。
それが、ライブ初披露から約3年経って遂に音盤化された今回のこれってわけです。

いや、それにしても生々しい。
ライブの熱がそのまんま、少しも目減りすることなく盤にこもっている。
正真正銘の一発録りで、気合い一発で演奏されたこともあって、これはもうライブ・テイクと言っても差し支えないくらいの熱量ですね。

アナログってこともあってオカウチくんのベースの音は一層ブインブインと低く唸り、
吉永さんのドラムがしっかり重心を支え、
山口さんはライブとも異なるかっこいいフレーズを中盤に入れ、
安藤さんは燃えたぎる血気で凄まじいシャウト。
NAG TIMEの面々のコーラスもいい盛り上がり感を出していて。
ホントに最高のテイクが盤になったものだよなぁ、と。

そしてB面はといえば。
まず「(Make It)FUNKY TENGA」。
「TENGAで曲を作る」という話を初めに安藤さんから聞いたのも、記憶に間違いがなければ確か2010年の夏だか秋だかのポッドキャスト収録時でした。
で、形になって、ライブで聴くことができたのは、2012年上半期の新曲制作期間があけてのこと。
B面のもう1曲、“マダムヤン”こと「楊夫人の憂鬱」もやはり新曲制作期間があけて披露されたものでしたね。

因みに「(Make It)FUNKY TENGA」は「女風呂~」同様、ザ・たこさんらしいファンク・ナンバーですが。
「楊夫人の憂鬱」は場末感漂う昭和ムード歌謡チックな曲。
これがよくってね。
わけても山口しんじの間奏の泣きギターがたまらん感じで。

この12インチにはNAG TIME RADIO(*N氏・A氏・G氏による大阪発信の音楽オモシロUSTREAM)の3人とザ・たこさんによるガチ・トークの模様を文字に起こしたものが封入されてて、それもかなり読み応えがあって面白いのだけど。
それによると「楊夫人の憂鬱」のそのギターの感じは、カーティス・メイフィールド。
で、ベースはといえばルパン三世の終わりの歌(チャーリー・コーセーが歌ってたアレ)のイメージなのだとか。
さらにハモリは…山口しんじ曰く「アリスのハモリにしたかってん」!

とまあ、そのあたりも聴きどころ。

ザ・たこさん+005_convert_20130611113316

で、ザ・たさこん、秋頃にはいよいよ待望のニューアルバムが発売されることも決定したわけですが。
そこにはこの「楊夫人の憂鬱」は入らないと。
また「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」は、このアナログ盤は12分のバージョンですが、アルバムに入るのは4分前後のショートバージョン。
「(Make it)FUNKY TENGA」はテンポも変わった「使用後バージョン」で収録されるとのこと。

つまり、今回の12インチのこの3曲は、このアナログでしか聴くことができないわけで。
家にレコードプレーヤーがないという方も、たこ好きならば売りきれないうちにとりあえず買っておいたほうがいい!

しかも初回の限定200枚は、ジャケがポスター仕様!
中面にも表4にも、味のあるいい写真が使われてるんでね。
繰り返しますが、売りきれないうちに手に入れたほうがよろしかろうと、そう思いますよ、いやマジで。

ザ・たこさん+004_convert_20130611113259

ザ・たこさん+003_convert_20130611112743

購入はNAG TIME RADIOのホームページから。
またはライブ会場にて販売。

で。
この12インチシングルのさらなる聴きどころとか、曲の誕生秘話とか。
9月のたこフェスのこととか。
そのあたりをまとめて話してもらったインタビューがこちらにアップされました!!

musicshelf 特集「結成20周年のザ・たこさん。12インチ・アナログ発売記念!!で首脳会談

出席者はザ・たこさんから安藤さんとオカウチくん。そしてこの12インチ始めザ・たこさんの全作品を手掛けているエンジニア(兼プロデューサー)のマツケンさん。それからNAG TIME RECORDSの代表、ごうさん。

ニューアルバムに収録される曲についてのことも、どこよりも早く話してくれてますんで、読んでくだされ。


さて。
この12インチをひっさげて、6月はレコ発ツアーを行なっているザ・たこさん。
東京は6月2日(日)に国立・地球屋で行なわれました。
しかもワンマン。
約3時間に及ぶ長尺ライブ。

と、今回はその模様のことを書こうと思って始めたんですが、おっと、気づいたら12インチの話だけでけっこう長くなっちった。
長すぎるのもアレなんで、すんません、地球屋のワンマンのことはまた明日か明後日にでも。

たこさん+003_convert_20130611113353



スポンサーサイト
  1. 2013/06/11(火) 11:14:16|
  2. たこさんにゅーす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<元祖!ザ・タコサンアワー ~突撃!となりの女風呂ツアー東京編~@国立・地球屋 | ホーム | 熱湯!代官山温泉!!~ザ・たこさん12インチシングル「突撃!となりの女風呂(On A Blow)」レコード発売決定決起ライブ! 東京編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takosoup.blog72.fc2.com/tb.php/68-364f1e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。