「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「塚本功&ハッチハッチェル 対 ザ・たこさん」@所沢MOJO

IMG_20140714_224455_convert_20140716171846.jpg

この前の週末2日間はザ・たこさんにどっぷり。
まずはこれ。

7月12日(土)

所沢MOJOで、塚本功&ハッチハッチェル 対 ザ・たこさん。

所沢というと都心からだいぶ離れてるイメージがあるが、池袋から急行に乗れば実はそんなにかからない。
渋谷からでも1時間ちょっとで行けるのだ。
というわけで、久々のMOJO。ここでビール飲みながらライブを観るのが好きだ。

オープニングアクトはCABBAGE&BURDOCK(元スイボク)。
中心のふたりは所沢育ちだとか。
スタンダードやらオリジナルやらをマヌーシュスイングやらなんやらで小粋に演奏する4人組で、楽しいステージでしたね。
しゃがれたヴォーカルに加えて、ボタン・アコーディオンを弾く女性がまたいい味出してたし。

続いてハッチハッチェルが確か2曲ほどバンジョーギターで楽しく弾き語り(この日の出で立ちはまさに「インチキ紳士」ふう)。
そこに呼ばれて加わったのがベースの長山雄治さん。そして「ギター魔人」こと塚本功さん。
というわけで、そこからは塚本さんがギターを弾きながら歌い、ハッチはといえばドラムを叩くのだった!
元々デキシード・ザ・エモンズ時代はドラム担当だったハッチさんだが、ハッチハッチェルバンドから観始めたぼくからすれば(恐らく大半のお客さんも)その姿はかなり新鮮。しかもうまい!(ってそりゃそうか、ドラマーなんだから)。
ギター弾いてヴァイオリン弾いて歌うたってドラム叩いて。器用な音楽家なんですなぁと改めて。

このトリオにおいてのフロントは塚本さんで、ギターの素晴らしさは言うまでもないけど(あんな音出せる人、ほかにいないよね?!)、歌がまたすごくいい。
特に、曲名わからないけど、夏の歌だと言って歌ってたスローの曲がめちゃめちゃ沁みた。
塚本さんの歌とギターは夏(または夏の終わり)がとても合う。

そしていよいよ「オレたちのバンド」、ザ・たこさんだ。
この日のセトリは以下の通り。

ネギ畑~ラブアタック~ロクシマ~三本間~テーマ~見た目はZZトップ~楊夫人~ヤンタン~大スポ~上沼~TENGA(寸止めVer.)~ヤンタン~G馬場~ケンタッキー(with ハッチハッチェルと塚本功)~鯖PT2。
アンコール:ヤンタン~ナイスミドル~テーマ。

近頃すっかり定番となった「ネギ畑」で開幕。で、後方から“たこ板”掲げて勢いよく飛び出してきたのが今回の関東ツアーに同行していたMCキチュウで、いつものようにオーイエーオーイエーと煽るだけ煽って「OK,OK,ゆっくりいこうぜ」。
十分にあったまったところで、TENGA片手に悲しき怪人の登場だ。

まず、久々に聴けた「三本間に挟まれて」に「おおっ!!」。だいぶ久々だったと思うが、こうしてたまに聴けると嬉しい1曲。

それからなんといってもこの日は新曲の「見た目はZZトップ」を遂に聴くことができたのが嬉しかった。
数年前から安藤さんの頭の中に着想だけはあり、このタイトルを初めて聞いてからもう2年くらい経った気がするが、そんなその曲をバンドは最近になって遂にスタジオ録音。
完成したその曲はCD化され、9月に行われる「ザ・たこさんの無限大記念日2」の前売りチケットを買うとそれがもらえるのだ(300枚限定)。
で、その「見た目はZZトップ」が思ってた以上にかっこいいロッキンなナンバー。山口さんのギターがまさにZZトップであるわけだが、途中AC/DCやらなんやらも匂ってきたり。
因みに翌日のクラブキューではやらなかったので、MOJOまで来た人は聴けてラッキーでしたね。
うう、早く盤を聴きたい!

それからこれも久しぶりだった「楊夫人」。股間を抑えて「ア~~っ」と深く唸る安藤さん。最後には「私、ビールじゃ酔えないの」と、モデルになった女性が実際に言ったその言葉も。味わい深いねぇ。そういやこの曲を初めてライブで聴いたのも確かMOJOでしたっけ。

そしてここしばらくの押し曲と言っていい「大スポ・パワー」。ムッシュムラムラで盛り上がる。
で、「KAMINUMA」から「TENGA」「BLUE MOUNTAIN BLUES」と畳みかけるような後半戦を経て、本編の締めはお馴染み「ケンタッキーの東」。
ここでハッチさんと塚本さんが加わり、安藤さんはビールのみのみ、エビセンを食らってハッチさんや塚本さんの口にもっていく。その混沌とした盛り上がりは例えるならば「オール怪獣大進撃」といった様相。到底言葉にできないような暴れはっちゃくぶりで、とにかくもんのすごいセッションだった。揃いも揃って自由すぎ!

それにしてもこの日の安藤さんはいつにも増してキレッキレだった。声の出は圧倒的で迫力があり、動きも軽やかで縦横無尽。
そういえば少し体重を落としたのか、前よりしなやかにも思えたものだ。
それと並んで山口さんのギターもまたキレッキレ。
以前にも増してフレーズのいっこいっこが豊かになっている。

また、このMOJOはステージが狭く、いつもならオカウチくん含めた3人が横に並ぶ形になるのだが、ここでは後方にオカウチ&吉永、前方に安藤&山口というふうに2:2で並ぶ形。
それが功をした場面がいくつかあって、例えば安藤&山口が揃ってランDMCポーズをとる場面などはえらく絵になっていた(あの場面、写真撮っとけばよかったなぁ)。
フォーメーションががちょっと変わっただけで、ずいぶん変わるものだよなぁ。

それにそもそもMOJOというハコの音と、ザ・たこさんの音との相性が非常によいようにも思えたし。
作り的にも、マントショーで何度も出てくるアレが活きるようになっているのだ。

結論。故にMOJOで観るザ・たこさんは最高。
この場所だからこそ生まれる奇跡…ってなものをこの日も確かに観ることができて、みんなもぼくも大満足でありました。

IMG_20140714_224554_convert_20140716171934.jpg

IMG_0672_convert_20140716172649.jpg

IMG_0716_convert_20140716172915.jpg

IMG_0703_convert_20140716172809.jpg

IMG_0695_convert_20140716174105.jpg
(写真、ブレブレですんません。雰囲気だけでも伝わればと)

  1. 2014/07/16(水) 17:08:49|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。