「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「たこ八ナイト~新春ツーマン」@新宿紅布

2015年1月17日(土)

新宿レッドクロスで、ハッチハッチェルオーケストラとザ・たこさん。
題して「たこ八ナイト~新春ツーマン」。

今年1発目となるザ・たこさんのライブ、お相手はハッチハッチェルだ。
まずはハッチ。おふざけながらも聴かせるところはしっかり聴かせる相変わらずの絶妙バランス。代表曲もあれこれやって、調子っぱずれでもいい調子。いまのメンバーでの仕上がり加減も見て取れた。

続いて新年初たこさん。セトリは以下の通り。

ネギ畑~ラブアタック~ロクシマ~ロールユアネック~テーマ~見た目はZZトップ~ゴリラの息子~ヤンタン~黒い瞳のナタリー~夫婦茶碗~ブルマン~女風呂~鯖。アンコールはハッチ含めてのケンタッキーの東。

どうです?! このセトリ。実にこう、攻めの姿勢が見て取れるでしょう。何しろ開始早々「ロールユアネック」ですから。で、「見た目はZZトップ」からの「ゴリラの息子」。このゴリゴリの流れがなんといっても最高で、荒々しくもあり濃厚でもあり。そして年末のタコサンアワーで初披露されたらしいフリオ・イグレシアスの「黒い瞳のナタリー」w。これがまた似合ってるというかなんというか、爆笑なんだが単なるおふざけで終わってないのがさすが。レアものだけど、願わくばもう一度聴きたいところ。で、久々の「夫婦茶碗」。そして「ブルマン」から「女風呂」でマントショー。アンコールはハッチとのダブル馬場対決(=馬場vs馬場)ありながらの「ケンタッキーの東」。ど~~ですか、お客さん?! っていう生聞き75分。

因みに去年のある時期から安藤さんのヴォーカルヂカラというか声の出方が以前よりも増したように僕は感じてたんだが、この夜もまたそのことを実感。なんか凄かった。

というわけで、2015年の活躍にもこりゃあ大いに期待できるなと思わせるに十分な新年初ライブ。今年も追いかけます。

IMG_20150118_084018_convert_20150907232039.jpg

IMG_20150118_020107_convert_20150907231856.jpg

IMG_20150118_083457_convert_20150907231954.jpg

IMG_20150118_015904_convert_20150907231548.jpg

IMG_20150118_020016_convert_20150907231827.jpg

IMG_20150118_083213_convert_20150907231926.jpg

スポンサーサイト
  1. 2015/09/07(月) 23:10:16|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「無限大記念日2追撃戦~ザ・たこさんのアイアンクロー・シリーズ~渋谷クラブクアトロ編」@渋谷クラブクアトロ

2014年10月1日(水)

渋谷クラブクアトロで、ザ・たこさん。

去年に続いて2回目の渋谷クラブクアトロ公演。
題して『無限大記念日2追撃戦~ザ・たこさんのアイアンクロー・シリーズ~渋谷クラブクアトロ編』。
出演はマキタスポーツとザ・たこさん。

去年のクアトロに続いて今回も渡辺祐さんがDJを担当。レアな和モノ・ソウル歌謡などかけつつ、場をいい湯加減へともっていく。

続いて登場、マキタスポーツ。
まだいまほどその名が世に浸透してなかった頃から何度かライブでザ・たこさんと共演し、そこでいかに刺激を受けたかは「ザ・たこさんがオレを本気にさせた」というこの日の言葉にも表れていた。後半でも再びザ・たこさんへの敬意をしっかりと語ったり。この方もまたザ・たこさんを長く愛しているのだな。
ギャグ曲とマジ曲を合わせたステージ構成。質も強度もやっぱりギャグ曲のほうが勝っている(と僕は思った)。そしてやっぱり、十八番の「いとりのエリーに乾杯」が最高だった。

セットチェンジの間は再び渡辺祐さん。最後にザ・たこさんの「グッとくる」をかけ、そこからザ・たこさんのステージへと繋げるあたりがさすがでした。

そしていよいよこの夜の主役、我らがザ・たこさんの登場だ。

セトリは以下の通り。
ネギ畑~ラブアタック~ロクシマ~40肩~テーマ~大スポ~上沼~ヤンタン~ZZトップ~G馬場~ヤンタン~バラ色~楊夫人~ヤンタン~女風呂(マントショー)~鯖PT2。
延長戦:ヤンタン~人生~ナイスミドル~テーマ。
再延長:ヤンタン~うつぼ公園~テーマ。
以上、生聞き75分!

無限大記念日同様、この日もチケットの売れ行きはなかなかきびしいものがあると聞いていた。
そして確かに大入りとはほど遠い状態ではあったのだが、しかし集まった観客たちは誰もがみな本当に幸せそうな表情でザ・たこさんのライブを心底楽しんでいた。

たこ板持って飛び出してきたMCキチュウがコール&レスポンスしつつ客を煽る始まりから沸いてはいた。が、この日特に印象的だったのは曲が進むに連れてどんどん観客たちの体温とハコ全体の熱が高くなっていくその様だ。

「40肩」こと「(Do The)Funky 40 Shoulder」から「ザ・たこさんのテーマ」にかけてでまずつかみ。
「大スポPOWER」から「KAMINUMA」の流れで客をひとつにし(ところで「KAMINUMA」ってライブ人気が高いよな。やる度にウケてるんだよな)。
ここまででもうだいぶ高まってきてたわけだが、そこに持ってきてゲストの呼びこみ。そう、去年のクアトロに続いて宮藤官九郎の登場であり、彼がギターを弾いた「見た目はZZトップ」と「BLUE MOUNTAIN BLUES」はこの日のひとつの山場となった。

この前の週、宮藤さんが大阪にいたときに実は両者はスタジオに入ってこの2曲を合わせており、それゆえ去年のクアトロの共演時を遥かに上回る一体感があった。
とりわけロック成分を多く含んだ「見た目はZZトップ」は宮藤さんのロックゴコロにもフィットするようで、控えめな立ち位置ながらも宮藤さんは生き生きとプレイしていたように見えたし、「BLUE MOUNTAIN BLUES」のリフを繰り返すときも気持ちよさそうだった。
(安藤画伯の手による馬場Tシャツを着て出てきて馬場の曲を弾くという、そのさりげない気遣いと敬意にもグッときましたね。去年は初めて安藤さんに会ったときにもらったというジーン・シモンズTを着ていたし。優しいよなぁ、宮藤さん)

そんな共演場面も最高だったが、ワタクシはといえば宮藤さんとのその山場のすぐあとに大名曲「バラ色の世界」が奏でられたことに、またさらに気持ちが上がったのだな。
路上で発泡酒を開けて飲み、そして街灯に照らされ眩しそうにする、その様子を表現する安藤さんがやけに色っぽくもあったりして。

そして、そのまま終盤に向けて畳みかけるかと思いきや、聴かせるスローの歌もの「楊夫人」を挿んで変化をつけるのもまたグッド。
それがあったから本編締めの「女風呂」が尚更強く響いて観客みんなもどーんと盛り上がるという、そういう強弱のつけ方と流れのよさがこの日は特に際立っていた。

アンコールの「我が人生最良の日」は、だから観客みんながシンガロングしてWピースを高くあげ、最高の一体感を見せた。
みんな本当に幸せそうだった。

だがこの日はここで終わらなかった。ここで再び宮藤さん、そしてマキタさんを呼び入れ、山口さんとのトリプル・ギターで「ナイスミドル」が演奏されたのだ。
ある意味、無限大記念日を上回る華やか&賑やかな祭り感。クアトロ内の温度はどこまで上昇するんだろう…っていう。

曲が終わると、安藤さん・山口さん・吉永さん・オカウチくん・宮藤さん・マキタさんの6人は横並びになって両腕をあげ、観客に感謝の意を表明。
ものすごい声援と鳴りやまない拍手に僕も胸が熱くなった。

かくしてこの日のライブは終わり……と思いきや、それでもまだ再アンコールを求める拍手が鳴りやまず、少ししてからザ・たこさんの4人がまさかの再登場!
当初の予定にはなかったそうだが、ここで意外にもあの曲をやったのだ。そう、初期の名曲「うつぼ公園24歳、冬。」!
意外にもと書いたが、ここ数日、この曲を久々にライブで聴きたいという欲求がなぜだか僕のなかで高まっていたので、これにはちょっと驚いた。
そしてここでの安藤さんの歌いっぷりがまたやけによく、山口さんのチュルッチュ~というスウィートソウルなコーラスも効いていた。
いやぁ、最後の最後にこれが聴けるとは!

というわけで、年末のタコサンアワーを別にすればだいぶ長尺といっていい75分。
そのなかで目に見えてみんなの盛り上がりが大きくなっていく様に興奮したのと同時に、抑揚つけて75分を楽しませるザ・たこさんのステージ運びのうまさにも改めて感心させられた。
これぞエンターテインメント。隙のないソウルレビューとしての仕上がり具合が実にこう完璧じゃないか!と言いたくなるレベルだったのだ。

8月24日の渋谷LOOP annexを前哨戦として、9月6日に大阪・服部緑地野音で無限大記念日2を成功させ、その翌週は「勝手にウッドストック」1日目のトリを務めて場を沸かせたザ・たこさん。
そうした流れがあってのこのクアトロの無限大・追撃戦は、ある意味これら一連のライブの総まとめにも思えるものだった。
が、楽屋でそんな話を山口さんにすると、「いや、僕のなかで無限大はずっと続いてますから」と一言。そう、まとめなどなく、ロードはここからも続くのだ。
「オレたち~は~、今日も~(今日も~)、叫ぶ~」のだ。

つまり、ザ・たこさんこそが無限大。そんな感を抱かせた無限大・追撃戦でありました。(よし、キレイにまとまった)

P1250014_convert_20150907225523.jpg

P1250015_convert_20150907225600.jpg

P1250018_convert_20150907225641.jpg

P1250027_convert_20150907225724.jpg

P1250030_convert_20150907225800.jpg

P1250033_convert_20150907225841.jpg

P1250040_convert_20150907230016.jpg

P1250044_convert_20150907230044.jpg



  1. 2015/09/07(月) 22:47:53|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「勝手にウッドストック・2014」

2014年9月13日(土)~14(日)

相模湖みの石滝キャンプ場で、「勝手にウッドストック」。

今年も行ってきました、勝手にウッドストック。夏フェスが一通り終わって疲れたカラダに、これはちょうどいいユルさ加減のフェス。
ぼくは今回が3度目の参加。

ここは地上の楽園なのか…と思わずにいられない「勝手にウッドストック」@相模湖みの石滝キャンプ場に、今年も前半1泊2日コースで参加してきた。緑と湖と涼風と木漏れ日といい音楽とお酒と友達と。好きなものしかない幸せなユルやかフェス。なので僕も大開放状態に。

小坂忠さんの歌う「HORO」や「機関車」にグッときて。子供たちを引き連れ歌いながら歩く“ハメルンの歌うたい”状態となったチャランポのももちゃんににっこりさせられて。この夜のトリを堂々務めたザ・たこさんのキング・オブ・ライブっぷりにまたも胸を熱くして。深夜の自由すぎるセッションにまたまたお酒がすすんだり。真っ暗ななかで聴いた木下航志さんのソウルも、練り歩きで湧かせた梅津和時ユニット主にトラペ座も素晴らしかったし。相変わらず酷すぎる内容(←褒めてます)に爆笑しないではいられないとんちピクルスもやっぱり最高でした。楽しかったな~。そして、よく食べ、よく飲んだ。

以下は翌日にしたツイートのまとめです。

「勝手にウッドストック、今頃そろそろ閉幕の時間かな。僕は今年も前半1泊2日(Bコース)での参加だったけど満喫しました。後ろ髪引かれながら都会に戻るあの感じもけっこう悪くないですよ。」

「勝手にウッドストック。まずはKyonさんらがサポートを務める小坂忠さんのステージがとてもよかったな。改めて、ああいい声だなぁと。カントリー曲中心ながらも「HORO」と「機関車」にかなりグッときた。またライブ観に行こう。」

「勝手にウッドストック5年連続出演となったチャラン・ポ・ランタン。「勝手にウッドストック」のテーマ曲を頼まれてもないのに「勝手に」作ってきて披露し、しかもそれが素晴らしい出来映えってあたりもさすがでした。あれ、来年まで聴けないのが惜しい。」

「勝手にウッドストック。チャランポのももちゃん、今年もまたハメルンの歌うたい状態に。」

「勝手にウッドストック。3度目の出場となった我らがザ・たこさんは、1日目のトリ! それに相応しい堂々たるキング・オブ・ライブっぷり。無限大のときよりもメンバー全員が楽しんでやってるようなのが印象的でした。」

因みに、観たのは以下の通りでした(なんとなく聴いてたのも含めて)。
久和田佳代、iora、小坂忠with西海孝、曽我部恵一、塚本功、奇妙礼太郎、チャラン・ポ・ランタン、ザ・たこさん、木下航志。
コロリダス、梅津和時ユニット主にトラペ座、とんちピクルス、ザッハトルテ。

P1240838_convert_20150907221006.jpg

P1240846_convert_20150907221339.jpg

P1240850_convert_20150907221434.jpg

P1240856_convert_20150907221525.jpg

P1240949_convert_20150907221633.jpg

P1240953_convert_20150907221706.jpg

  1. 2015/09/07(月) 21:52:37|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ザ・たこさんの無限大記念日2」@服部緑地野外音楽堂

早いもので『ザ・たこさんの無限大記念日2』からもう3週間。
ちょっと遅くなったけど、ここであの熱かった(暑かった)フェスを振り返っておきましょう。

9月6日(土)、服部緑地野外音楽堂にて行われたザ・たこさんの自主企画野外フェス『ザ・たこさんの無限大記念日2』。
開催に至るまでとフェス当日を追った、かなり長めのレポ(約1万3000字!)は、間もなく音楽ウェブサイト「musicshelf」にアップされるので、そちらを読んでいただくとして。
ここでは写真を何点かアップ。
行かれた方はあの楽しさをもう一度思い出し、行けなかった方は雰囲気だけでも味わっていただければ幸いでございまする。


入場口。前売チケットが伸び悩んでると聞いてたけど、行ってみたらけっこうな列。ひと、いっぱいおるやん!
結局500人ちょっと入ったそうな。よかったよかった。
P1240630_convert_20140926160428.jpg

なかに入ったら、いました、この男。来る途中、「うわ、ヤバ。安藤遅刻の大失態! 只今、安藤家長兄・英治の車で会場に向かっております! オープニングに間に合うか?! はたまた“失われたアンドー”になってしまうのか…?!」という安藤ツイートを目にしていたのだが、ちゃんと間に合って一安心。「どうにか間に合いましたわ」と安藤さん。起きてすぐ来ました的な。
P1240633_convert_20140926161009.jpg

ステージには安藤さんが魂込めて書いた垂れ幕がどーん。おおっ、素晴らしい! …けど、あれれ?   「こ」がこんなことに。聞けば「た」という字の中にある「こ」の部分を書いたことで「たこ」まで書いたものだと勘違いしてしまったそうな。
P1240637_convert_20140926160544.jpg

開会宣言は昨年に続いて今回も吉永さん。オーサカ=モノレールの面々がスタンばってます。
P1240645_convert_20140926160630.jpg

吉永さん。開会宣言、お疲れさまでした。あれ? 左を走ってるのは山口さんじゃおまへんか。
P1240664_convert_20140926160715.jpg

セットチェンジの時間は、去年に続いて今年もあうんさんすうじいがバンジョーの弾き語り。今年は大活躍でありました。
P1240667_convert_20140926161048.jpg

ザ・たこさんの煽りとマントかけ担当、MCキチュウくん。タコスペくんTがお似合いです。
P1240669_convert_20140926160910.jpg

オカウチポテト。この男が無限大記念日の立案及び主催者だ。この日も出番までビールの箱やらなんやらいろんなものを運ぶなど、ずっと働いとりました。ようやった、オカウチ!
P1240681_convert_20140926161207.jpg

山口さん、楽しそう。BBBBを観ながら「最高やわ」。pug27のステージには飛び入り参加して生き生きとギターを弾いとりました。
P1240694_convert_20140926161442.jpg

タイムテーブルです。時間はかなりきちんと守られながら進んでいきました。そう、夕方に再登場となったあの人のときまではw
P1240682_convert_20140926161237.jpg

それにしてもこの日は暑かった。ビールとかき氷は飛ぶように売れたようだ。かき氷のスプーンに無限大の旗。カワイイ。
P1240674_convert_20140926161127.jpg

入場口あたりからセカンドラインの様式で客席を練り歩いて登場したBLACK BOTTOM BRASS BAND。あれは盛り上がったね~。
P1240687_convert_20140926161350.jpg

服部緑地野音はステージの後ろにも席があるのです。後ろから撮るとこんな感じ。
P1240714_convert_20140926161520.jpg

キング・オブ・ライブ、我らがザ・たこさんのステージが始まった!
P1240746_convert_20140926161719.jpg

チンポジずれながらもシャウトする安藤さん。
P1240756_convert_20140926161825.jpg

あっという間の生聞40分。4人とも輝いとりました。
P1240759_convert_20140926161854.jpg

この日のザ・たこさん、演奏したのは以下の通り。
ネギ畑~ロクシマのテーマ~ラブアタック~大スポPOWER~猪木はそういうけれど~KAMINUMA~ヤンタン~突撃!隣の女風呂(On A Blow!!)~五月の鯖。
アンコールでヤンタン~我が人生最良の日~ザ・たこさんのテーマ。
いやもう、あっという間でありました。

というわけで、大成功に終わった『ザ・たこさんの無限大記念日2』。
前売りが伸びないとも言われていたけどフタをあけてみればしっかり入って、天気はといえば快晴…を通り越し、始まりから夕方まで真夏のような暑さ。
なのにトリのザ・たこさんが始まるちょい前から雨が降りだし、途中からどしゃ降りに。
でもそれがかえってドラマチックで、「我が人生、最良の日」では去年に続いて大きな感動が生まれたのだった。

いやホント、いろんなフェスがあるけど、無限大記念日にしかない楽しさ・面白さ・ドラマというものが確実にあるよなぁと実感。参加した全員の記憶にしっかり残るフェスになったと僕は思う。

メンバー、スタッフ、関わられた全ての方たち、本当にお疲れ様でした&ありがとう!

ライブレポ、気合い入れて書いたので、お楽しみに!

開催前に行った無限大記念日にあたってのインタビュー


  1. 2014/09/26(金) 16:03:12|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「水中、それはたこさん」@渋谷・LOOP annex

IMG_20140825_012339_convert_20140825124659.jpg

8月24日(日)

渋谷・LOOP annexで、水中、それは苦しいと、ザ・たこさんによるライブ『水中、それはたこさん』。

出演はメインが、水中、それは苦しい とザ・たこさん。
ほかに、カリスマ、B.o.M band、DonnyDonnyChopers。

僕は、水中、それは苦しいの途中から観た。

6月末にチャランポの「女をなめんなよスペシャル」で観たときも終わってからしばらく耳に残り続けた「新谷さん、犬つれて」がやはり出色(というか個人的にツボ)。
一夜明けても気が付けば鼻歌ってしまっている自分がいる。
ドラムのアナーキー吉田氏、途中でジョニー氏のちょっとした言葉がツボに入り、珍しく下を向いてヒクヒク笑って顔を真っ赤にするという場面あり。

セットチェンジを挿み、8時半をだいぶ回ったくらいの時間にザ・たこさんが登場した。

前日は長野県飯山市・戸狩温泉スキー場で行われた野外フェス「飯山さわごさ2014」に出演し、その翌日となった東京公演。
因みに飯山さわごさでは、「ゴリラの息子」が子供たちにやけにウケたそうな。いいね、子供たちの反応は素直で。

さて、Loop annexでのセトリは以下の通り。

ネギ畑〜ラブアタック〜ロクシマ〜女風呂〜テーマ〜ZZトップ〜上沼〜ヤンタン〜モ・ベター〜ナイスミドル〜サヨナラ生活〜鯖PT2。
アンコールで、ヤンタン〜人生〜テーマ。以上、生聞き55分!

テーマをやる前にいきなり「女風呂」が始まるという珍しい序盤。これはなかなかインパクトがあった。
それから先月(7月12日)、所沢MOJOで初めて聴くことができた新曲「見た目はZZトップ」をまた聴くことができたのだが、これはやはりかっこいい!
山口しんじのギターがこの曲の肝で、ZZトップやらAC/DCやらフリーやらが混ざったようなフレーズがたまらんのだ。
そこから間髪入れず「KAMINUMA」に移るその展開もスムースでよかった。

それから、この日は思いがけず歌ものの多いライブでもあった。
久々に名曲「モ・ベター・ライフ」があり。マントショー曲には「サラナラ生活」が選ばれ。アンコールではしっかり「我が人生最良の日」をやって、それも気持ちがこもってた。
ファンク系の曲は「女風呂」と「ナイスミドル」だけ。
意外と珍しいパッケージだったように思う。

ハッキリ書くが客は少なかった。日曜の夜だからだろうか。いつもザ・たこさんのライブを観に来てる知り合いにもほとんど会わなかった。
がしかし、この夜の安藤さんの歌からはやけに“思い”が伝わってきたし、新曲と名曲もいいバランスで散りばめられ、かなり充実したライブであった。
(それにしても安藤さん、チンポジ直しすぎ!w)

帰りがけにちらっと話した安藤さんは、「いや、今日はかなりよかったと思いますよ」と満足気だった。
「歌いながら、我ながらええ曲多いなと思いまして」とも。
うん、同意。僕も改めてそんなことを思いながらこの日のライブを観た。

「ロード・トゥ・無限大」とも安藤さんは言っていたが、まさしくこの日のセトリはそれを思わせるポジティヴなもので、来たる9月6日・無限大記念日2のよき前哨戦になったと思う。

さあ、次はいよいよ「ザ・たこさんの無限大記念日2」!
あと13日!

昨日のライブを観る限り今のバンドの状態は最良で、もう、いいフェスになる予感しかしない!

IMG_20140824_223403_convert_20140825124735.jpg

IMG_20140824_223252_convert_20140825124835.jpg

IMG_20140825_012240_convert_20140825124811.jpg

IMG_20140824_223051_convert_20140825124901.jpg

************************************************************

『ザ・たこさんの無限大記念日2』、開催迫る!
9月6日(土)、場所は服部緑地野外音楽堂。

出演はミス花子、オーサカ=モノレール、BLACK BOTTOM BRASS BAND、バンバンバザール、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、浦朋恵、pug27、金 佑龍(キム・ウリョン)、ザ・たこさん。

前売りはたったの3100円。開催は迫っている(あと13日!)。さあみんな、今日か明日にでもチケットを買おう!
因みに21歳未満は入場無料。若者たちよ、タダだぞ、タダ。今から友達誘ってみんなで観よう。

で。
去年の「無限大記念日」を振り返りながら、今年の見どころやら抱負やらをメンバーが語ったインタビューもアップされましたぞ。
これ読んで気持ちを盛り上げておくんなまし。

「間もなく開催! ザ・たこさんの無限大記念日2

IMG_20140825_012837_convert_20140825124925.jpg

  1. 2014/08/25(月) 12:20:02|
  2. たこさんのらいぶれぽ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。