「たこ汁」。 ザ・たこさん ~武道館への道~

関西のソウル~ファンク・バンド、ザ・たこさんへの熱い思いを綴るブログです。インタビューなんかもときどき載せちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポッドキャスト、始まります!

お知らせです。
いや、まだ詳しくはお伝えできないんですが。

近々、某音楽ウェブサイトにて、ザ・たこさんのポッドキャストが始まります!!!

それがどこのウェブサイトで、第1回配信日がいつになるのかなど、詳しくは近日中に改めてここでお伝えしますが、とにかく始まります。

で、その1回目の収録を、代官山LOOPのライヴのあと、渋谷のある場所にて行ないました。
番組タイトルも、そこで決定しました。
あー、書きたい。
でも、しばしお待ちを。

「もう~、じらさんといて~」
そんな声が聞こえてきますな。

じゃあ、予告編ってわけじゃないけど、そのほんの一部分をここにチラッとだけ……。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


出演: ヴォーカル・安藤。ギター・山口。ライター・内本。


内「というわけで、<ザ・たこさんのドバドバ大爆弾!>の1回目が終わりましたが。これは毎回、対バン形式でやっていくという」

山「そうです。その記念すべき第1回目の対バン相手が、サイプレス上野とロベルト吉野!  素晴らしい!」

安「いきなり異種格闘技で。それで僕、思ったんが、これからこのイベントはこういうふうになっていくのかと。異種格闘技をやっていくんかなと。で、僕がリハを観てて思ったんは……明日のジョーのね、力石戦以降の一連のジョーの闘いが、今、始まったんだと」

山「それ、おもろいなー」

内「金竜飛戦とか?」

安「そう! 金竜飛!」

山「あのクルクルまわるやつ、誰やっけ?」

内「ハリマオね(笑)」

安「そう! だから、ジョーが完全復活するまでの、ああいった一連の闘いで」

内「ジョーがどうしてもテンプル打てなくて、打つとゲロ吐いてしまうというね」

(ここからしばらく「明日のジョー」話が続き……)

安「だからそれは自分との闘いでもあるわけですよ。でまあ、ぶっちゃけ、サイプレス上野とロベルト吉野、やりにくい相手やわな。向こうにしてもそうですよ。でもね、終わってから話したら、むちゃくちゃ匂いが一緒やったんですよ。だからこれは異種格闘技ではなかったんです」

内「闘い終えてこそ通じるものがある。わかるものがある」

安「そうです!」

内「とにかく(このシリーズの)テーマは闘いですね。勝負したる、と」

山「もちろんもちろん」

内「昔って、“対バン”って言ったら、文字通り“対決バンド”の意味だったじゃないですか? それがいつのまにか対決って意味が薄くなってって、ユルイ共演みたいな意味で対バンって言葉が使われるようになってきて……」

山「ですよね。(昔なら)お互い、リハでメンチ切り合いしてね」

安「でも、ずっとそうやで、オレら。オレなんか特に、いつもライヴ終わるまで、よう喋らんもん。これからどんなライヴになるかもわからんのに、その時点でフレンドリーにはできないっすよね」

内「で、闘い終えて初めてそこで握手するから美しいわけで」

山「そうそうそう」

内「うん。そんで……あ、すいませーん、ビールおかわり!!」



みたいな……。




スポンサーサイト
  1. 2010/02/27(土) 21:23:03|
  2. たこさんのことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安藤&山口、フジロックの意気込みを語る。

いよいよ明後日……24日・金曜日。
ザ・たこさん、フジロックに登場です!

場所は苗場食堂。
スタートは23時50分。

ネヴィル・ブラザーズを観終えたらビール用意してこちらに向かいましょう。
(オアシスを観終えた人もぜひ)

ということで、ヴォーカルの安藤さんとギターの山口さんにフジロックの意気込みを語っていただきました。
どーぞ!!



安藤 「今回は一番落ち着いてできると思うんですよね。まあ、過去2回は舞い上がってましたからね。今回は一番ちゃんとしたライヴができるんじゃないかなと」

山口 「僕も呑んでましたからね、あの2回は。みんながくれるから。“呑め呑め”って」

ーーまあ、そういうもんですからね、フジロックは。

山口 「ね? だからこっそりください(笑)」

安藤 「過去2回は舞い上がったままそれでお終いみたいなとこありましたからねぇ。でも2回経験しましたから、今回はもうね、落ち着いてできますよ。まあ、フジロックだからどうやというよりは……。いかにお客さんに喜んでもらえるか。それだけですよね」

山口 「そうそう。レビューをホンマにちゃんと僕らが見せられればええんです。ロック好きなお客さんにもソウル・レビューの面白さを提示できればそれでいいですわ」

ーー時間帯としてはホワイトのネヴィルズのちょっとあとですよ。

安藤 「スマッシュもすごいよな。あえてその順番にしたんかな?」

山口 「あほか(笑)」

安藤 「そうそう、リットン調査団の水野さんが激励のメールをくれはってね。“清志郎に届くように。そしてお客さんには三沢のエルボーを食らったような衝撃を”って。それだけメールくれはって」

山口 「もう頑張りますわ!」


みなさま、金曜の夜はソウル・エルボー食らいに苗場食堂へGO~!!!!

*フジロック・ライヴ・レポートもしっかりここでやりますんで、お楽しみに!


ザ・たこさん@渋谷のカフェ 002







  1. 2009/07/22(水) 12:07:31|
  2. たこさんのことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

内本順一

Author:内本順一
ザ・たこさん私設応援団東京下北沢支部。

内本です。音楽ライター、やってます。
ブログ「怒るくらいなら泣いてやる」も読んでね~。http://ameblo.jp/junjunpa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
たこさんとぼく (4)
たこさんのことば (2)
たこさんにゅーす (25)
たこさんのらいぶれぽ (42)
たこさんとあれこれ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。